--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/03/05

今、ダフネ・デュ・モーリア『鳥ーデュ・モーリア傑作集
という短編集を読んでいます。
表題作は、ヒッチコックが映像化した、あの『』です。

半分ほど読んだんですが、好みです!読みやすいし面白い!
一筋縄でいかない展開がたまらない。
登場人物の心理描写も繊細で良い。
読み終わったら、簡単な感想を書きたいです。
個人的に、好きな海外短編集ベスト3に入ると思います。

ダフネ・デュ・モーリアの作品は『いま見てはいけない
破局』 『レベッカ』を読みました。
もっと読みたい!と思い、検索したんですが
1970年代に訳された本ばかりですね
あまり古い訳だと、読みにくいような気がします。
もっと新訳版を出して欲しいです。
| Comments(0)
2015/02/14

女のコ×恐怖

Mei(冥)4号 (幽ブックス)Mei(冥)4号 (幽ブックス)
(2014/04/18)
辻村 深月、加門 七海 他

商品詳細を見る


女のコのための、こわーい文芸雑誌『Mei(冥)』なる雑誌を発見しました。
凄く楽しそうですwオカルト好きとしては非常に興味がありますw
特に、第四号の特集は「女のコに読んでもらいたい、こわ〜い漫画入門」
ホラー漫画大好きなので、読んでみたい!
しかし高い!!お値段なんと、税抜き1400円!
500円なら即買いですが、雑誌に1400円は出せません。

*以下、個人的に女性にオススメなホラー漫画をご紹介しています。
古い漫画が多いです。
>>続きを読む
| Comments(0)
2015/02/13

本色々

いま見てはいけない (デュ・モーリア傑作集) (創元推理文庫)いま見てはいけない (デュ・モーリア傑作集) (創元推理文庫)
(2014/11/21)
ダフネ・デュ・モーリア

商品詳細を見る


ダフネ・デュ・モーリアの短編集「いま見てはいけない」を読みました。
オカルトが原因かと思ったら、人為的な事件だった
バットエンドかと思ったら、ハッピーエンドだった
みたいな感じで、途中からガラッと話しの雰囲気が変る話ばかりで
展開が読めず面白かったです。
小説を読んでいていて、結末がなんとなく分かってしまうと
途中で読む気がしなくなります。

個人的に「真夜中になる前に」という話が一番好きです。
絵を描くのが趣味の教師が、絵を描くためにギリシャを訪れます。
海に面した景色の良いコテージに宿泊するが
その部屋は、以前泊っていた客が夜の海で溺死していた…。
ホテルに泊る謎の金持ち夫婦、ホテルの部屋に残された
「真夜中になる前に」という謎のメモ。
暗い海の底からよくないものがやって来るような
不気味な雰囲気がたまりませんでした!!




最初の舞踏会 ホラー短編集3 (岩波少年文庫)最初の舞踏会 ホラー短編集3 (岩波少年文庫)
(2014/11/28)
不明

商品詳細を見る


以前ご紹介した、「八月の暑さの中で」の仲間で、ホラー短編集第三弾です。
同シリーズ「八月の暑さの中で」 「南から来た男」が英米ホラーなのに対して
「最初の舞踏会」は仏ホラーで、翻訳者さんも違います。
個人的に「八月の暑さの中で」と「南から来た男」のほうが好みです。
「最初の舞踏会」は他の2作品に比べて、奇怪でグロい話が多く
ちょっと大人向けな印象を受けました。

最初の舞踏会に収録されている作品の中では
だんとつで「イールの女神像」メリメ著
(本によってはビーナスの殺人というタイトル)
が面白かったです!!!翻訳者さんもあとがきで書かれていますが
不気味な事件が起こりそうな雰囲気が
じわじわと盛り上がってくるのが凄く良い!
あまりにも好みだったので
岩波文庫「メリメ怪奇小説選」(杉 捷夫訳)
に収録されているバージョンも少し読んでみたんですが
「最初の舞踏会」(平岡 敦訳)版のほうが
文章がまろやかな感じで読みやすかったです。


★「イールの女神像」簡単なあらすじ(ネタバレあり!)
スペインの田舎でビーナスのブロンズ像が出土。
同時期に村の有力者の息子が結婚式を挙げることになっていた。
息子は結婚式前にポーム(テニスにた球技)に興じるが
プレーの邪魔になる婚約指輪をビーナス像の薬指に嵌める。
すると指輪がビーナスの指から抜けなくなってしまった。
仕方がないので、代わりの指輪で式をすませる。
そして夜、花嫁の待つ寝床にむかうが
寝床で待ち構えていたのは、ビーナス像だった…。
| Comments(0)
2014/12/17

うどん

うどんのうーやんうどんのうーやん
(2012/08)
岡田 よしたか

商品詳細を見る


どうも、こんにちは。
ソバよりうどん派のオリオンです。
今日は、図書館で見かけた変った絵本をご紹介します。
『うどんのうーやん』です。

★あらすじ
人手がたりないうどん屋さん。
うどんのうーやんは、自分で出前にでかけます。
道を走っていると、からからのメザシや
ふにゃふにゃの絹ごしどうふと出会います。
やさしくてふとっぱらなうーやんは
どんどん自分のどんぶりに乗っけて、川をわたり山をこえ......
さて、無事に出前を届けることはできるのでしょうか!?

*************************************************

もう、うーやんの懐が広すぎて読んでいて
ほっこり癒され、うどんが食べたくなります。
文章やセリフはなぜか関西弁ですw

個人的に好きな場面は、空腹のネコに
うどんを分けてあげたため麺が減ってしまいます。
減った麺を補うために、素麺を丼に足します。
そのときの、うーやんと素麺のやり取り

うーやんに丼に入ってと言われた素麺
素麺「そうかあ。けど ぼくら ほそいで」
うーやん「かめへん かめへん そんなん まぜてしもたら わからへん」
器がでかすぎだろ!うーやんwwww

木綿豆腐にいじめられ、泣いている絹ごし豆腐を丼に入れてあげるうーやん
絹ごし豆腐「もめんどうふに いじわるされて・・・・・・。クエーン」
くーやん「なきな なきな。ここ はいり」(丼の中のこと)
くーやん「うすあげくん きみ しんせきやろ。 なぐさめたり」
丼に入っている うすあげ にフォローを頼むくーやん
細かい心配りまで出来る!完璧すぎるだろ!
うーやんに惚れてしまいそうです。
| Comments(0)
2014/12/04

自宅にて急逝

自宅にて急逝 (ハヤカワ・ミステリ 492)自宅にて急逝 (ハヤカワ・ミステリ 492)
(1984/06)
クリスチアナ・ブランド

商品詳細を見る


クリスチアナ・ブランド『自宅にて急逝』を読み終わりました。

★あらすじ
白鳥の湖邸と呼ばれる富豪サー・リチャードの豪勢な邸では
亡妻セラフィタを記念してのハウスパーティが例年通り開かれようとして
親族の者が続々と集まってきていた。
表面はいかにも和気藹々の家族懇親会だが
どこか不気味な暗流が、最初から底を流れていたのだ……。
そして一夜明けた朝、白鳥の湖邸の離れ家で
老卿はものいわぬ骸となって発見された。
普段から弱かった心臓に
アドレナリンによるショックを与えられたのだった。

***************************************************

面白かった!!どんでん返しが二段構えです。
犯人当てに特化したミステリーが好きな方にはオススメです。
登場人物それぞれに動機&殺害方法(トリック)が用意されていて面白いです。
登場人物たちが疑心暗鬼になり
AにはXXXという動機があり、■■という方法で殺害したんだ!
とかBは●●という動機があり、▲▲という方法で殺害したんだ!
とか色々な方法が議論されます。
登場人物たちの推理に翻弄され、最後まで犯人が誰かわかりませんでしたw

登場人物たちも個性的で魅力的でした!
| Comments(2)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。