--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/03/08

多彩で濃厚な短編集

鳥―デュ・モーリア傑作集 (創元推理文庫)鳥―デュ・モーリア傑作集 (創元推理文庫)
(2000/11)
ダフネ デュ・モーリア

商品詳細を見る


ダフネ・デュ・モーリアの短編集、読み終わりました。
素晴らしかったです!
ロマンス系・ホラー系・神秘系・ミステリー系
多彩で面白い短編ばかりでした!
読んでいると、情景が目に浮かんできます。

以下、ネタバレを含む、簡単な感想とあらすじです。
8本ある話の中で、特にお気に入りの3本
『恋人』『林檎の木』『動機』についてです。
8本ある話の中で、特にお気に入りなのは
『恋人』『林檎の木』『動機』の3本です。

恋人

軍隊帰りの青年が恋した娘は
自分の家族と家を空爆で失っていた。
その復讐のために、空軍の隊員を無差別に殺す
殺人鬼だった。

私があらすじを書くと、おどろおどろしい感じになりますが
作品自体は、しっとりとした切ない雰囲気が漂っている
素敵な作品です。
レインコート着た娘が、墓場で平たい墓石の上に寝そべるシーンが
とても印象的でした。


★林檎の木
鬱陶しい妻が死に、自由を満喫する夫
しかし、庭に植わっている林檎の老木が妻の姿に見え始め…。

林檎の木と亡き妻が見事にシンクロしています。
まるで林檎に木に妻の魂が宿っているように感じます。
最初は、夫に感情移入していて
鬱陶しい妻だなと思っていたんですが
後半のほうは、妻に感情移入して
夫にかまって欲しいけど、かまってもらえない妻が
可哀想に思えてきました。
夫ももっと妻と向き合っていてあげればなぁ…。


★動機
出産を控え、幸せ真っ只中の女性が自殺した。
夫に頼まれ、探偵は自殺の動機を調べ始めると
次々と明らかになる妻の意外な過去。

妻の自殺の動機が気になり
一気に読んでしまいました。
徐々に妻の過去が明らかになっていくのが面白いです。
悲惨な話が苦手なは要注意な作品です。
スポンサーサイト
| Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。