--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/12/17

うどん

うどんのうーやんうどんのうーやん
(2012/08)
岡田 よしたか

商品詳細を見る


どうも、こんにちは。
ソバよりうどん派のオリオンです。
今日は、図書館で見かけた変った絵本をご紹介します。
『うどんのうーやん』です。

★あらすじ
人手がたりないうどん屋さん。
うどんのうーやんは、自分で出前にでかけます。
道を走っていると、からからのメザシや
ふにゃふにゃの絹ごしどうふと出会います。
やさしくてふとっぱらなうーやんは
どんどん自分のどんぶりに乗っけて、川をわたり山をこえ......
さて、無事に出前を届けることはできるのでしょうか!?

*************************************************

もう、うーやんの懐が広すぎて読んでいて
ほっこり癒され、うどんが食べたくなります。
文章やセリフはなぜか関西弁ですw

個人的に好きな場面は、空腹のネコに
うどんを分けてあげたため麺が減ってしまいます。
減った麺を補うために、素麺を丼に足します。
そのときの、うーやんと素麺のやり取り

うーやんに丼に入ってと言われた素麺
素麺「そうかあ。けど ぼくら ほそいで」
うーやん「かめへん かめへん そんなん まぜてしもたら わからへん」
器がでかすぎだろ!うーやんwwww

木綿豆腐にいじめられ、泣いている絹ごし豆腐を丼に入れてあげるうーやん
絹ごし豆腐「もめんどうふに いじわるされて・・・・・・。クエーン」
くーやん「なきな なきな。ここ はいり」(丼の中のこと)
くーやん「うすあげくん きみ しんせきやろ。 なぐさめたり」
丼に入っている うすあげ にフォローを頼むくーやん
細かい心配りまで出来る!完璧すぎるだろ!
うーやんに惚れてしまいそうです。
スポンサーサイト
| Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。