--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/03/30

情熱

最近読んだ、坂田先生の「プロメテウス」(見方によっては女性向け要素アリ?)
に出てくる自分には才能がないと悩んでいる
青年画家の台詞が印象的でした。

「この情熱が何の有意義なものをも生み出さず
 自分の心を満たしすらせずに
ただ僕をかり立てる」

絵を描きたいという気持ちがあるのに
いざ筆を握ると、思うように絵が描けずに苦しむ。
私も描きたいモチーフがあるのに
いざ描いてみると、自分のイメージ通りにかけなくて
悶々とすることがあります。

坂田先生の描かれる和やかな漫画も大好きですが
シリアスな作品も大好きです!
廃退的で繊細な雰囲気がたまりません!

ふと、坂田先生が石川桂朗の「少年」を漫画化したら
素敵だろうなと思いました。
剃刀日記シリーズも坂田先生が漫画化してくれたら
いいな~~ファンの方には怒られそうですが;
スポンサーサイト
| Comments(0)
Comment

管理者のみに表示
« 戦国麻雀 | HOME | コラ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。