--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/11/28

ほっとする本

サカタ食堂 坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフルコミック)サカタ食堂 坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフルコミック)
(2010/11/06)
坂田靖子

商品詳細を見る


最近読んだ、坂田靖子先生の「サカタ食堂」が面白かったので
ご紹介します。

この本は、食べ物が登場する短編が10本収録されています。
この本の面白いところは、作品が春夏秋冬の順に
並んでいることです
春は蛤やキャベツが出てくる作品、夏はカキ氷みたいな感じです。

個人的に、冬の話の「デルモとクリスマス」「謹賀新年」
という話が好きです。

「デルモとクリスマス」(デルモはモデル?)はクリスマスイブを
一人、自宅マンションで過ごそうとしている女性の話です。
クリスマスイブの夜、マンションに帰ってくると
隣室のドアの前に、外人青年(イケメン)が座っている。
どうやらお隣のお姉さん(水商売)の恋人で
お姉さんが帰ってくるのを待っている模様。
しかしお姉さんが帰ってくるまで、3時間もあります。
寒い外で待っている青年が不憫に思え、主人公は
ラーメンやコーヒーをあげます。
お礼に青年はクリスマスソングを歌ってくれたりして…
翌日、主人公はニュースでお隣のお姉さんが
刺されたことを知り驚きます…。

80年代のショートドラマを見ているような気分になりました。
オタッキー(マニアック、オタクっぽい)という言葉が出てくるんですが
懐かしい!もう死語ですよねw
なんだか懐かしい香りのする作品です。

「謹賀新年」
大きなお屋敷の忙しいお正月、主人公のおじさん(使用人)は
庭に見かけない子供が二人いるのに気がつきます。
おじさんは子供にお餅をあげて、帰るように言います。
しばらくたって、様子を見に行くと
子供達はまだいます。
寒そうなので、とりあえず自分の部屋にかくまってあげます
その後、子供の様子を見に行くと…。

お正月の慌ただしい雰囲気がよく出ている作品ですね。
オチも好きです。読んでいる自分にも福が来そうな気がします。
後、主人公のおじさんが優しくて、気持ちがほっとします。
坂田先生の柔らかな線で描かれるシンプルな絵や
作品に流れている、ゆったりした雰囲気が好きです。

12月9日には、「サカタ食堂おまかせ定食」が出ます。
楽しみです♪

*発売日は7日でした。
スポンサーサイト
| Comments(2)
Comment
No title
こんにちは!
面白そうな作品ですね~!
有名漫画家さんはよく短編集を出されるものなんですね!
失礼ですが坂田先生の作品に今まで触れたことがなかったのですが、
自分も短編集という読みやすい構成が好きなので、興味が湧きましたっ。
食べ物にまつわるお話というのはほんわかしてくるものが多そうですw
先生の絵柄は見ていると本当にのほほんと癒されるものがありますよね!

>80年代のショートドラマ
ほんと、ありそうな物語ですねぇ…。
ラストの展開に物悲しさを感じさせます…。
懐かしい香りのする作品がすごく好きなので、
ぜひこのお話読んでみたいと思いました…!

>「謹賀新年」
オチがなかなか気になります…w。
オリオンさんのご説明からきっと恐ろしい展開にはならないのが伺えて一安心ですw
子供がでてくるお話って、神聖なものが多いイメージがありますw

オリオンさんの本や映画のご紹介、いつも楽しくみさせて頂いてます(^-^)
No title
YRNさん、こんにちは~(^^)
コメントありがとうございます!

漫画に興味を持って頂けて嬉しいです(^^)v
私も坂田先生を知ったのは最近です。
ファン歴は浅いですw
先生の作品は6~7冊ほど読みましたが
ご紹介した「サカタ食堂」が特に好きで
何度も読み返しました♪
先生は食べ物が好きで、作品の中にも
食べ物がよく出てくるそうです。
私も食べ物が好きなので、親近感がわきますw

>ラストの展開に物悲しさを感じさせます…。
ネタバレになるので、詳しくは書けませんが
ラストにどんでん返しがあります!

>「謹賀新年」
福々しい話ですよ♪
YRNさんの仰るように、得体の知れない子供
というのは、怖いというより、神聖な感じがしますね。
大人だったらただの不審者になっちゃいますがw

「デルモとクリスマス」も「謹賀新年」も
ちょうど今頃の時期に読むのに
もってこいの作品だと思います。

>本や映画のご紹介、いつも楽しくみさせて頂いてます(^-^)
ありがとうございます!!
拙い文で、作品の魅力を上手く伝えきれませんが
そう言って頂けると、嬉しいです!
記事を書いて良かった!と思えます(^^)v

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。