--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/27

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)
(2011/05/27)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る


本日、発売の岸辺露判 ルーヴルへ行く
買ってまいりました~。
フルカラーなので、無駄に高いですorz(2800円)
思っていたよりサイズが大きく、まるで画集のようです。

内容を物凄く簡単に説明すると
17歳の頃、露伴先生がルーヴル美術館に所蔵されているという
最も邪悪な絵「黒い絵」の噂を聞く。
10年後、「黒い絵」のことを思い出した露伴先生は
ルーヴル美術館へと行く…。

なんというか、盛り上がってきたー!
と思ったら、あっさり終わったー!と言う感じです。
期待しすぎて、肩透かしを食らった感じですね。
面白いとは思いますが、個人的にデットマンズQシリーズのほうが好きです。
スポンサーサイト
| Comments(2)
Comment
おお、露判先生の本が発売とは…!
情報ありがとうございます!
表紙がもうすっごいカッコいいですね!!
アマゾンレビュー等を見る限りではオリオンさんのおっしゃるようにストーリーが面白くないそうですが…、
画集としての価値は存分にあるような気がします!

>デットマンズQ
吉良吉影が主人公の番外編はないのかな~っと思ったら既にあったんですね!w
その他にも多数の短編集が存在していたとは知りませんでした~。
早速興味がそそられましたよ!
No title
YRNさん、ようこそ~♪
コメントありがとうございます(^^)

露伴先生の本、表紙はカッコイイし
中身はフルカラーだし、荒木先生のインタビューが載っているなど
良い所は色々あるんですが
物語が荒木先生にしては勢いがないというか
正直に言うと、微妙なんですよね;
値段が高いのもネックでした。

露伴先生ファンの方には嬉しい一冊だと思います!
ちなみに私は吉良吉影の方が好きですw

>短編集
デットマンズQシリーズや岸部露伴は動かない
などが収録されている短編集「死刑執行中 脱獄進行中」
は収録されている話にハズレが無く
個人的にお勧めの短編集です!!




管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。