--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/25

団子

団子

なにか絵を描こうと思い、哲ちゃんを描いてみました。
バックは、色を塗ったり模様を描いてみたんですが
上手くいかなかったので真っ白です。
何度描いても、原先生の描かれるような可愛らしさと
色気、時々凄みの漂う哲ちゃんが表現できませんorz

ワシズも面白いけど、凌ぎの哲もかなり面白いので
未読の方は、ぜひ読んでみて下さい!
絶版なので入手しにくいと思いますが、漫喫にもありますし。

以下、実写版 麻雀放浪記微妙なネタバレを含む
解説があります。




       

★実写 麻雀放浪記
実は私、実写版の麻雀放浪記を見たことがあります。
原作小説は未読なのですが、楽しめました!
個人的に複雑な人間模様をえがいた作品だと思います。
前半は哲がドサ健やママと出目徳と出会い、麻雀に染まってゆく
そしてママに対する淡い恋心。
後半はママとの別れ、出目徳にカモられたドサ健の反撃。

原作や麻雀を知らなくても、充分楽しめると思います
ウィキによると「つばめ返し」等のイカサマが見られるのが魅力だとか。

キャストは以下の方々です。
坊や哲→真田広之(初々しくまさに坊や哲!可愛いです。)
ドサ健→鹿賀丈史(詐欺師っぽい胡散臭い雰囲気を漂わせています。無駄にカッコイイです!)
女衒の達→加藤健一(小奇麗な優男風。意外といい人。人買いというより、若旦那に見えます。)
上州虎→名古屋章(胡散臭く小物ぽい雰囲気がいい味を出しています。渋い。)
出目徳→高品格(一見普通のおじいちゃん。でも、ドサ健をカモります。三井のお父さん。)
ママ→加賀まりこ(ママ美人です。哲ちゃん初恋の相手?)
まゆみ→大竹しのぶ(ウブで一途。最大の被害者?でも幸せ?)
スポンサーサイト
ワシズ・凌ぎの哲 | Comments(2)
Comment
No title
こんにちはー
凌ぎキャラは何となくではありますが、
パッと派手に咲いてハラハラ散っていく桜がピッタリだと思っていたので、
このイラストを拝見した瞬間思わず顔が緩んでしまいました(^^
勿論、団子をくわえた哲の姿がキリリとしながらもかわいいのは言うまでもありませんが…!
桜と相まって今の季節にピッタリですし!!!
作中でも何か食べているシーンの多かった哲ですが、やっぱり同じ様にカワイイ顔だった印象が強かったと思います。へへへ…

後、映画版も観られたんですね!
私も観たことがありますが、面白い作品ですよね。
個人的には負けて強がったり弱ったり…なドサ健の姿が印象に残っています。
8さんようこそ~(^^)
コメントありがとうございます!!
キリリとしてかわいい、と言って下さって
ありがとうございます!!とっても嬉しいです~~♪

>パッと派手に咲いてハラハラ散っていく桜
まさにそのその通りですね!すごく素敵な表現です!
博打で大勝ちしてパッと咲いたと思ったら
アッというまに負けて散っていく
常に勝ち続ける(咲き続ける)ことは
難しい世界でしょうね。

>作中でも何か食べているシーン
大阪で肉まん(?)を頬張っている哲ちゃんが可愛いかったです(*´`*)
キャラがご飯を食べているシーンは
なんだか可愛らしく見えますよね!

>映画版
なんと!8さんもご覧になっていたのですか!
2次作品を実写化すると、イメージと違う~~!
ということがよくあるんですが
麻雀放浪記は、違和感がありませんでした。
役者さんたちが豪華な顔ぶれですよね!

ドサ健がまゆみに「故郷に帰らないでくれよ~」
と縋っているシーンを見て、ダメな男だと知りつつ
別れられない女性の心理が分かりましたw
普段は強気に振舞っているのに、自分に弱々しく
縋られると、母性本能がくすぐられ
私がついていてあげなきゃ!と思っちゃうんですね。
あのドサ健は、母性本能をくすぐられましたw




管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。