--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/02/19

じわじわ ぞわぞわ

あちん (幽ブックス)あちん (幽ブックス)
(2008/05/14)
雀野日名子

商品詳細を見る


暫く更新できなくなりそうなので
今のうちにまとめて更新です。
最近読んだ「あちん」というホラー小説をご紹介します。

★あらすじ(アマゾンより引用)
暗い雨の日には、お城あとのお堀ばたに近寄ってはいけない。
オホリノテが這い出すから――現代の福井を舞台に
平凡な公務員・奈津美が出会う怪異を
端正な筆致で描き出す怪談文芸。
雨の日に這い出す藻草、タブノキの下に埋まっているもの
午前2時19分に鳴る公衆電話、島に流れ着く霊……
実話と物語が、不穏に交錯する。



あまり期待しないで読んだんですが
面白かったです!!
主人公の奈津美の周りで起こる怪現象が
全5話の短編で語られたいます。

もしかしたら自分の周りでも起こるかも…
と思わせるような物語(本当にあった噂話を元にされたとか)
じっとりとした不穏な空気
じわじわと恐怖が迫ってくる感じが凄く好みです。
全5話、どれも面白かったです!

夜中に一人で読んでいたら
背後が気になるかもしれませんw

派手な展開はないので
退屈に感じる方もいるかもしれません。
スポンサーサイト
| Comments(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。