--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/02

エムブリヲ奇譚

エムブリヲ奇譚 (幽ブックス)エムブリヲ奇譚 (幽ブックス)
(2012/03/02)
山白 朝子

商品詳細を見る


最近、憂鬱な気持ちだったんですが
面白い本を読んで、気分が少し回復しました。

今日は一冊で、不思議系・ホラー・良い話し系・後味が悪い系など
色々なパターンが楽しめる本をご紹介します。

★エンブリヲ奇譚あらすじ(アマゾンより引用)
社寺参詣や湯治のため庶民は諸国を旅するようになった。
旅人たちは各地の案内をする道中記を手に名所旧跡を訪ね歩く。
『道中旅鏡』の作者・和泉蝋庵はどんな本でも紹介されていない土地を求め
風光明媚な温泉や古刹の噂を聞いては旅をしていた。
しかし実際にそれらがあった試しはない。
その理由は蝋庵の迷い癖にある。
仲間とともに辿りつく場所は、極楽のごとき温泉地かこの世の地獄か


★個人的に好きな話し
「あるはずのない橋」
ある村に、夜になるとごくまれに現われる橋がある。
その橋は、四十年前に事故で崩れてしまった「あるはずのない橋」だった
橋の上には、事故で亡くなった人たちが立っているらしい
そんな村を訪れた主人公一行は村の老婆に
事故で死んでしまった息子に会いたいので
「あるはずのない橋」に連れてって行って欲しいと頼まれる。
橋までの道は険しく、老婆の足では行けない
村人は橋を恐れていて、だれも連れて行ってくれないと言う。
老婆と息子、感動の対面と思いきや…。

「櫛をひろってはならぬ」
蠟庵と旅をしている最中に櫛を拾った青年
櫛を拾ってから、布団、風呂、服の中、部屋
あらゆるところに女の長い髪が現われるようになった…。

*以下、グロイ話しです、要注意!!
>>続きを読む
スポンサーサイト
| Comments(2)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。